時間に融通がきいたので

私が風俗で働き始めた理由というのは、時間に融通が聞くのが一番でした。 私の会社は副業は禁止されていなかったのですが、残業が多く実質副業が不可能という状態だったのです。 しかし、その残業代も僅かな金額しか出ずに、生活をするにも困っていました。 その時に風俗求人を目にして、出勤の自由度が高いということを知り興味をもったのです。 もちろん、風俗で働くことに対してあまり良い気もしませんでしたが、このまま安月給の中働いていくことにも不安をもっていたので、風俗で働いてみることにしました。 働き始めの頃というのはお金をもらっても、かなり精神的にキツイ仕事だと思いすぐにやめてしまおうと思ったのですが、始めたからには少し蓄えを作ってから辞めることにしようと我慢して続けていました。 出勤の回数こそ本業との兼ね合いでそれほど出ることはできませんでしたが、休日の日などはフルで出勤をすることにした結果、少ない出勤日数ながら本業以上の稼ぎをすることができ風俗で働いたかいがあったと感じるようになりました。 現在ではある程度、蓄えもできたため出勤回数を減らして生活費を少しだけ足しになる分だけ働いていますが、生活は楽になったのでキツイ仕事ではありますが助かってはいます。